労災保険と障害厚生年金の調整

労災保険と厚生年金や国民年金の障害年金が同一の支給事由で併給される場合
例えば、通勤途中や業務中の労災事故で、けがや病気をしたというようなときは
労災から障害(補償)年金や傷病(保障)年金が支給されますし、
同時に、厚生年金の被保険者中の初診日ですから、
障害厚生年金も支給されます。
このような場合は、労災保険の方が調整率を乗じて減額されています。

その調整率について
◆平成28年4月1日より、一部、調整率の引き上げがあります。

従前0.86⇒改正後 0.88

◆適用されるケース
 同一事由によって適用される
 1、労災保険法の傷病(補償)年金と
 2.厚生年金保険法の障害厚生年金

この二つの年金が同一の支給事由で併給されるときは、
労災保険法の傷病(補償)年金の額は、0.88を乗じた額、つまり、
労災の方が88%に減額され、障害厚生年金とあわせて受給することができます。

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。