障害者差別解消法 H28年4月1日施行

障害者差別解消法が今日、平成28年4月1日から施行。
ポイントは2つ。
合理的配慮の提供と差別的取り扱いの禁止だ。

「合理的配慮の提供」とは。
障害のある者がない者と平等な状況を作るための変更や調整。

例えば、エレベーターの設置や車いす用の設備を整えることや、
点字や手話通訳を準備したりすることなどが例として考えられるが、

合理的配慮は、その人の障害の特性やその人が遭遇している
場面によって多種多様で、臨機応変な対応が求められると思う。

「差別的取り扱い」とは。
障害のある人に対して、正当な理由なく障害を理由として差別すること。
こちらは例をあげなくてもわかりやすいと思う。

障害があってもなくても、気にしなくていい、
バリアフリーの共生社会の実現ができれば
みんなが生きやすい世の中になるはずである。

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。