短時間労働者への適用拡大がはじまります(平成28年10月)

特定適用事業所(*500人を超える事業所)では、平成28年10月から短時間労働者は、新たに厚生年金保険・健康保険の適用が始まっています。

要件は①週所定労働時間が20時間以上、②1年以上の雇用が見込まれる、③賃金月額8.8万円以上、④学生でないこと

この条件の場合、厚生年金保険・健康保険の被保険者となります。

 

10月以降、就職先が、特定適用事業所かどうかで厚生年金保険・健康保険に加入となるかならないか基準が違います。

特定適用事業所でない事業所の場合(500人未満)は、短時間労働者を雇用した場合、正社員の4分の3基準で判断して、社会保険に入るかどうかが決まります。「4分の3基準」ということだけ覚えておけばよいと思います。

例えば、従業員数50人の会社に入社することになったが、自分は短時間勤務希望で、週25時間(1日5時間、週休2日)勤務する場合、正社員が週40時間であればその4分の3未満(40時間×3÷4=30時間)ですから、厚生年金保険・健康保険に加入とはなりません。

特に、60歳以上、障害特例の方、再就職には上記を考慮してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。