10年かければ老齢年金~平成29年10月支払いから

老齢基礎・厚生年金の受給資格期間の短縮

25年から10年へ

いよいよ来年平成29年10月支払いから始まります。

 

少し前も、ご相談で

「日本の年金は10年以上あるが、それだけでは受給できずカラ期間を入れても25年に少したりない・・」というご相談がありました。

こういうケースでも、いろいろ足して25年にせずとも、自分が日本でかけた年金が10年あれば、それで手続きはokとなります。

来年10月。

1年後、10年あれば受給できるようになりますね!

(*すでにご承知のことかもしれませんが、老齢基礎年金は、原則40年かけて満額です。受給資格期間は25年から10年に変わりましたが、10年かければ満額という意味ではありません。

あくまでも受給資格期間が最低10年あればよいということになっただけです。40年かけた人と比べれば10年だと老齢年金も4分の1になります。)

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。