初診日の証明という壁

約20年前の初診日の人と、約40年前の初診日の人の案件を進めています。
診療録は残っていません。
残っているほうが奇跡ですよね。

それでも、障害年金の申請には初診日の証明をなんとかせねばなりませんので、
それがダメなら次はコレ、
それもダメなら次はコレ、
それでもダメなら最後はコレはどうでしょうか。
という感じで選択肢をお示しし、順番に進めてもらっています。

「あっ!それでいいです。ok ok よかったですね。」というのがみつかりました。
お二人とも強運の持ち主で何とかなりそうです。

初診日が証明できれば手続きは半分以上終わったのも同じです。
逆に言えば、初診日が証明できなければ一歩も前には進めないのが現状です。
「初診日の証明という壁」を乗り越えなければなりません。

«   |  記事一覧  |   »

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。