国民年金保険料の法定免除

生活保護(生活扶助)、障害基礎年金及び被用者年金の障害年金(2級以上)を受けている方は、国民年金保険料が「法定免除」となります。

「国民年金保険料免除事由(該当・消滅)届」を市区役所または町村役場に提出してください。

この期間についての老齢基礎年金の額は、1/2で計算されます(平成21年3月までは1/3)。
例えば過去にさかのぼって法定免除の要件に該当した場合(さかのぼって障害基礎年金2級の受給権が発生した場合など)、その期間に納めた国民年金保険料は返還されます。その期間に係る年金額を満額にしたい場合は、追納することができます。

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。