発達障害に含まれるもの

一般に「発達障害」とはアスペルガー症候群(アスペルガー障害)を中心とする自閉症スペクトラム障害(autism spectrum disorder: ASD)、注意欠如多動性障害(ADHD)などを漠然とさしていることが多い、注意すべきは、「発達障害」という病名は総称であり、個別の疾患名ではない点である。

さらに話を複雑にしているのは、この分野においては、ある一つの疾患の名称が複数存在していること、時代によって呼び方が変化していることである。精神科医の診断基準でもっともよく用いられているのは、アメリカ精神医学会によるDSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)であり、現在は2013年に発表された第5版(DSM-5)における病名が刊行されている。

DSM-5においては「アスペルガー症候群(アスペルガー障害)」という用語は使用されなくなり、「ASDの一部」と変更された点に注意する必要がある。ASDは、従来の自閉症(自閉性障害)、アスペルガー症候群などの自閉症の関連疾患を包括する概念となっている。ASDは、以前の診断基準で用いられた広汎性発達障害とほぼ同義である。

また、スペクトラムとは聞きなれない言葉だが、「連続体」という意味である。つまり、ごく軽症の人から重症の人まで、様々なレベルの人が広汎に分布しているという意味である。

以上、
岩波明 「発達障害」  文春新書 P21より転記しました

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。