高次脳機能障害④

分類: 成功事例その他

50代男性の奥様からのご相談でした。会社の同僚と食事中に意識を失い救急搬送されたとのことで、救急隊が到着したときは「心肺停止」状態で予断を許さない状態でした。

心臓が止まってから人工心肺による補助まで時間が経過しており、脳に重大な障害を負った可能性が高いと言われた。

その後意識は戻り、自立歩行できるまでに回復されましたが、低酸素脳症による高次脳機能障害が残りました。障害は重度でしたが、会社の配慮を受けて、元の職場で単純反復的な労働に従事されています。

在職中なので、お給料も支給されているため、障害厚生年金の受給は難しいのでは・・とご家族は心配されておられましたが、無事、障害厚生年金2級が認められました。

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。