認定の方法:併合認定についてその2~障害年金

ねんきんブログを更新しました

併合認定で1級になった例として

肢体の機能障害で、「20歳前の障害基礎年金2級」の受給権を取得していた人が、厚生年金加入中に「障害厚生年金2級と障害基礎年金2級」を支給すべき事由が生じたときは、前後の障害を併合して、「障害厚生年金1級と障害基礎年金1級」を支給することになっています。このとき、従前の20歳前の障害基礎年金2級の受給権は消滅します。

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。