網膜色素変性症等の視野障害の方へ<認定基準改正>

平成25年6月1日から、障害年金の審査に用いる眼の障害認定基準が改正されており、 視野の障害の2級の基準が一部追加されています。

 

改正前両眼の視野が5度以内(Ⅰ/2視標)

 ↓

改正後:改正前に加えて、次のいずれにも該当する方が2級に該当します。

(1)両眼の視野が10度以内(Ⅰ/4視標)

   かつ
(2)中心度以内の8方向の残存視野のそれぞれの角度の合計が56度以下(Ⅰ/2視標)

 

日本年金機構パンフレット(画像をクリックすると拡大します)

障害等級表(眼)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。