感音性難聴 (3)

分類: 耳

ご相談者は、生まれつきの感音性難聴で身体障害者手帳は3級です。障害年金は受給できないでしょうか? というご相談でした。生まれつきの感音性難聴であったということなので、20歳前の障害基礎年金での請求になります。生まれつきの感音性難聴や、生まれつきでなくても20歳までに疾病等で、耳が聞こえづらくなっている方で、子供のときに身体障害者手帳の交付を受けておられない場合、「受診状況等証明書」の証明が取れない場合は手続が難航することが多いのです。その場合、20歳前から難聴であったこと、初診日が20歳前にあったことが客観的に証明できるものが必要になります。

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。