成功事例に学ぶ 【腎臓・肝臓・糖尿病】

慢性腎不全(1)

初診日までの経緯は、約10年前に会社の健康診断で尿蛋白の指摘をうけ、腎生検の結果IgA腎症と診断されたというご相談事例でした。投薬治療と食事療法でこれ以上の悪化を遅らせることを目標に頑張って来られましたが、クレアチニンが急に13を超えたため緊急入院となり、透析開始となりました。透析=障害等級2級です。初診日は、会社の健康診断で異常を発見された日となり、障害厚生年金の請求をしたところ、2級障害厚生年金の年金証書が届きました。
慢性腎不全の年金請求の場合、病歴が長くなるケースが多く、「学生任意未加入中の初診である」、「20歳前にネフローゼだった初診証明が取れない」、など年金請求に制度上の複雑な問題が介在することが多々あり、年金請求手続も大変難しいことも多いのが実態です。


慢性腎不全(2)

「Iga腎症で年金の手続をしている最中ですが役所で難しいといわれています。代行を専門家にお願いした方がよいと判断しましたのでおねがいできるでしょうか」というご相談事例でした。慢性腎不全での年金請求は病歴が長期間に及ぶものが多く、初診証明の問題など様々な障壁があります。
本事例の方も18歳頃に学校の健康診断で尿蛋白が出たことがあったこともありましたが、特に異常もなくその後31歳の会社の健康診断でIga腎症と診断されるまでは特に症状を自覚することもなく医療を受けたこともありませんでした。食事療法と投薬で治療を続けてこられました。40歳で透析開始となり障害年金の請求をされることになりました。
どの制度に請求をするのか、障害厚生年金なのか障害基礎年金なのかはその人その人の病歴や年金加入歴により異なります。手続にはかなりの慎重さが必要です。
本事例は、会社の健康診断が初診日となり障害厚生年金2級の年金証書が届きました。


慢性腎不全(3)

「数年前に、会社の健康診断をきっかけに、近医を受診したところ、サルコイドーシスと診断され、その後 急速に腎機能が低下し、透析を施行することになりました。障害年金は受給できないでしょうか。」というご相談事例です。 10代初めの頃に血尿があり一時病院に通院しておられたことがあったものの、一時的なことで、且つ、その後社会的治癒の期間も十分にありました。
サルコイドーシスは全身の色々な臓器に結核を始めとする感染症によく似た病巣を作る疾患で、 症状は罹患臓器によって異なります。診断書では、「?傷病の原因又は誘因の欄」に、「サルコイドーシス関連の腎機能障害」 と記載されましたので、障害の原因となった傷病である「慢性腎不全」と「サルコイドーシス」は因果関係があると主治医は診断されておられました。会社の健康診断を初診日として、裁定請求をした結果、障害厚生年金2級が支給決定されました。


    次へ »

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。