成功事例に学ぶ 【循環器疾患】

肝硬変

定期健康診断で、「肝機能検査で所見を認めます。」との再検査の指示があり、半年してから、病院を受診したところ「B型肝炎」という診断を受けられ通院されていました。その後、症状が悪化し、「末期肝硬変」との診断を受けられたため、障害基礎年金の請求のご相談がありました。
診断書では、自覚症状は、悪心・食欲不振・かゆみ・全身倦怠があり、他覚所見としては、黄疸・浮腫・腹壁静脈拡張・肝萎縮・脾種大・腹水・出血傾向・食道静脈瘤が有り、「労働不可 安静を要する」との診断内容で、本件は、障害基礎年金2級が支給決定になりました。

*)初診日は、定期健康診断の日が認められました。


    

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。