成功事例に学ぶ 【精神】

非定型精神病

Aさん(50歳代)のご主人様からのご相談で、「妻が非定型精神病と診断され10年以上になります。病気はよいときと悪いときを繰り返しており、回復の見込みがないと医師に言われました。この病気と付き合っていくことを決意し、障害基礎年金は受給できないかどうかご相談させていただきました。」とのことでした。非定型精神病(ひていけいせいしんびょう)とは、典型的な「統合失調症」「躁鬱病」「躁病」「鬱病」「てんかん」のいずれでもないが、どれか複数以上の症状を呈しているという意味の病名です。ご相談者の場合、統合失調症と躁病の両方の症状を持っておられました。現在は薬により症状は抑えられているものの、ほとんど終日臥床している状態で、家事一切は夫が行っておられるとのことでした。障害基礎年金の請求を行ったところ2級の年金証書が届きました。


非定型精神病②

Aさんからの障害年金の裁定請求代行のご依頼でした。

仕事が多忙で精神的に疲れ、不眠が続き、家族同伴で精神科を受診したところ、非定型精神病と診断され入院を勧められました。

退院後は、薬物療法を受けてこられました。

現在も日常生活は身の回りのことも多く家族の援助が必要で、障害基礎年金の手続きの結果、2級(事後重症)が認められました。


    

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。