広汎性発達障害①

成功事例に学ぶ > 広汎性発達障害

20才時点の障害基礎年金の請求のご依頼でした。傷病名は「広汎性発達障害(F84)」療育手帳はB2
幼少期から言葉の遅れや多動性があることを指摘され、小学校から高校まで特別支援教育を受けておられます。

現在は一般企業(障害者雇用)で就労され、お給料は10万円程度あるとのことでしたが、作業内容は単純作業で、仕事場では指導員が常時ついていただいている状況とのこと。

日常生活は、こだわりがつよく、他者との言語でのやりとりができないこと、他者理解ができないこと、音などの感覚過敏がありそれが生活制限となること等があり、診断書では、日常生活能力の程度では4番に〇印が入っていました。
請求から3か月後、障害基礎年金2級の年金証書が届きました。


広汎性発達障害②

その他 > 成功事例に学ぶ > 精神 > 広汎性発達障害

大人の発達障害(つまり、大人になってから発達障害と分かったということ)で、障害基礎年金2級の受給が認められました。診断書の病名は「広汎性発達障害」
幼少期から光、音、臭気、触覚などに感覚過敏などがあり、学校では友達ができないでいました。勉強はできたのでそれほど問題になってはこなかったことも、社会に出てから一気に問題は顕在化するのが発達障害です。つまり、社会に出ると学生時代とは比べ物にならないほど複雑で高度なコミュニケーションや社会性が求められるようになるからです。
職場で不適応と、短期の転職を繰り返し、精神科のドクターショッピングでは様々な病名をつけられてこられました。数年前、やっと、発達障害とわかったことでご本人はようやく落ち着いたといわれます。
今もまだ就労できていませんが、少しずつ前を向いて進んでいきたいと語られていました。
今後就労されるにしても障害基礎年金がそのベースになることは間違いないと思います、


    

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。