成功事例に学ぶ 【肢体】

頚髄損傷

50歳代の方のご相談でした。頚髄損傷で医師からは一度損傷した脊髄神経は再生しないので、今後上肢は使うことができず、下肢もよくて装具をつけての僅かな距離の歩行となり日常は車椅子での生活になる、と宣告されたとのことで、その後、リハビリに専念されましたが歩くこともできなくなり、家庭での日常生活は全面的な介助をうけられている状態でした。障害厚生年金1級の年金証書が届きました。


    

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。