成功事例に学ぶ 【その他】

直腸腫瘍

30歳代で、厚生年金加入中の方のご依頼です。時々排便時に下血したり残便感があったため、病院を受診したところ直腸に腫瘍があることが分かり、直腸切断手術を施行し人工肛門を造設、術後に排尿困難となったため、尿路変更術施行となりました。障害年金は受給できるでしょうかというご相談でした。裁定請求の結果、障害厚生年金2級が支給されることになりました。


膀胱腫瘍

「会社の健康診断で、「尿潜血あり」と指摘され、精密検査をしたところ、膀胱に腫瘍があることが分かり、代用膀胱の造設術を行いました。幸い転移もなく順調に回復し、現在は、通常の生活を送っています。障害厚生年金は受給できるでしょうか」というご相談事例です。新膀胱を造設したものは、障害厚生年金の3級に該当します。初診日から1年6月以内に、新膀胱を造設しておられるため、障害認定日の特例で、新膀胱を造設した日に受給権が発生しました。


    

 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。