専門家に依頼するメリット

はじめに

ここでいう専門家とは『障害年金を専門とする社会保険労務士』をいいます。
社会保険労務士という資格を持っていれば誰でも年金のことがわかるというわけではありません。
なぜなら、社会保険労務士の業務の範囲は広く、人事労務を中心に活動されておられる事務所も数多くあるからです。
障害年金は、リスクマネジメントの観点からみても、実績や経験が大変重要です。
障害年金の手続代行は『障害年金を専門とする社会保険労務士』にご依頼されるのが最良の選択です。

専門家に依頼する3つのメリット

障害年金の手続を専門家に依頼するメリットは、3つあります。

1.障害年金を受給する権利について
確実な受給権の獲得につながります。

2.障害の程度の認定について
適正な障害等級の獲得につながります。

3.迅速かつ的確な手続で、時間のロスがありません。
特に事後重症の請求の場合は、1ヶ月でも早い請求が望まれます。

ご自身で手続をされた人の中には、不支給になったり、2級が相当であるにもかかわらず3級になっている例が見受けられます。
ご自分で手続をされて不支給になった場合、納付要件を満たさない等のケースでは、審査請求や裁定請求のやり直しをしたとしても、受給権を取得できない例もあります。
また、ご自身で手続をされた結果、適正な障害等級になっていない理由も様々です。

適正な障害等級の獲得や、不支給を未然に防ぐためは、障害年金専門の社会保険労務士に予めご相談され、手続をご依頼されることが一番安全で近道です。

その他、不支給や適正な障害等級にならないリスク以外に考えないといけないのは、手続にかかる時間です。自分で調べて手続をされるのはそれはそれでよいと思いますが、障害年金専門の社会保険労務士が代行すれば手続は迅速です。事後重症の請求の方など請求したときに受給権が発生する年金については、1ヶ月早く手続をすれば1ヶ月分多く年金が受給できるということは意外な盲点なのです。ましてや、半年も1年も悩んで前に進めない方もおられるので、それならば障害年金専門の社会保険労務士に代行を依頼したほうが安全かつ迅速そして経済的であるといえるでしょう。

障害年金代行窓口(木本社会保険労務士事務所)では、まずは、しっかりと日常生活の状況についてお話を伺わせていただきます。
ご依頼者様との信頼関係のもと、適正な障害年金の受給権の取得に向けてプロの視点でサポートさせていただきます。
まずはお問い合わせ下さい。

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。