支給停止された障害年金を再開する

障害が軽くなったため、支給停止になっていた方が、再び障害の程度が重くなったときには、手続をすることにより、再び障害年金を受給できるようになります。
手続は、障害の程度が重くなり、障害等級に該当する程度になったときはいつでも手続ができます。(ただし、65歳到達または支給停止になってから3年経過のいずれか遅い日までに行わなければなりません)

障害年金受給の再開図

障害年金が止まったので相談したい

年金受給権者支給停止事由消滅届について相談したい

障害が重くなり支給停止を解除したいときは、「年金受給権者支給停止事由消滅届」の手続が必要です。
障害の現状に関する医師の診断書が必要になります。

お申込みはこちらから
無料相談はこちらから
 

お問い合わせ  

インターネット年金相談窓口

個人の皆さま専用 無料相談窓口

医療・福祉関係の皆さま専用お問合わせ窓口

※お客様の情報はSSLセキュリティで暗号化送信されます。

お電話

(業務内容に関するお問い合わせ等)
0797-71-4316

受付時間 10:00〜17:00
(土・日・祝日を除く)

FAX

0797-71-4310

土・日・祝祭日の場合は
翌営業日以降の対応となります。